害獣駆除に関する予備知識を身につける。

いつでも発生する被害

イタチとは

害獣駆除にあたり、イタチについてご紹介いたします。イタチとは、ネコ目やイヌ亜目に含まれた哺乳類の総称で、細い体形が特徴です。日本に棲息するイタチには、アメリカミンク・エゾオコジョ・キタイイズナ・シベリアイタチ・チョウセンイタチ・ニホンイイズナ・ニホンイタチ・ホンドオコジョなどがいます。アライグマやハクビシン同様見た目が可愛らしいので、ペットとしても人気が高い動物なのですが、そんなイタチも日常生活を脅かすほどの被害を発生させたりします。町中にあるゴミ捨て場を荒らしてゴミを散らかしたり、住宅の中に侵入したりするケースです。そんなイタチに対して害獣駆除を検討する場合がありますが、イタチも鳥獣保護法で適用されているので、許可なく勝手に害獣駆除をすることはできないのです。知らず知らずのうちに害獣駆除をして違反を受けてしまうといった事例も発生しているので、害獣駆除は慎重に気をつけないといけないのです。

24時間365日対応

害獣による被害と言うのは、いつでも発生します。午前中買い物などで外出して自宅を留守にしている場合や、夜中寝ている場合などです。日頃仕事や家事で忙しいので、自分で害獣駆除を試みるのはなかなかできないことだと思います。害獣駆除を専門とした業者は24時間365日対応しています。「この時間に電話しても大丈夫なんだろうか?」と躊躇っている方は、是非遠慮なく害獣駆除をお願いしてみてください。専門業者は害獣駆除に関してはプロフェッショナルな知識を持っていますので、遠慮なく害獣駆除をお願いできるかと思います。

鳥獣保護法も心得ています

害獣駆除を専門とした業者に害獣駆除をお願いする際、業者が鳥獣保護法について、ちゃんと知っているのかどうか気になることがあるかと思います。中には、鳥獣保護法を知っていながら許可を得ずに害獣駆除をしたり、山の中へ不法投棄する業者もいますので、心配に思うのは当然ですね。しっかりと害獣駆除を行う専門業者は、ちゃんと鳥獣保護法のことを心得ているので、その点は大丈夫です。