危険なアライグマ

【特定外来種であるアライグマ】
特定外来生物とは生態系や農作物、人体へ被害を及ぼす危険性が高いとされている生物のことです。この特定外来生物に指定され、害獣として広く認知されている動物に、アライグマがいます。70年代にアニメのヒットにより注目が集まり、可愛らしい外見と仕草で人気が高まったアライグマ。当時はアメリカから多くのアライグマがペット用に輸入されました。現在、日本で野生化しているアライグマは、飼育されていたものが脱走したり捨てられたりして増殖したものです。

【ペットに不向きな動物】
アライグマはその見た目に反して非常に凶暴で、人間がペットとして飼育するには無理がある動物でした。アライグマの成獣は力が強く運動神経も抜群です。そのため家屋に侵入して屋根裏などに住み着き、その家の家畜やペットを攻撃することがあります。また雑食性で生命力が強いため、農作物への被害も深刻です。更にアライグマは人畜共通感染症の病原菌を保持しています。アライグマの捕獲には細心の注意が必要です。

【アライグマの捕獲にはリスクを伴う】
一般の方が害獣駆除を自分で行うのは危険です。野生化した動物は気性が荒く、追い払おうとする人間に容赦なく襲い掛かります。特にアライグマは動物園でも手を焼くほど荒っぽい性質を持つ動物です。もしご自宅や近隣に住み着いて被害を被ることになったら、やはり信頼できる害獣駆除業者へ駆除を依頼するのが望ましいでしょう。アライグマは繁殖能力が高い上に頭の良い動物ですので、できるだけ早目に駆除対策をされることをお勧めします。