害獣駆除に関する予備知識を身につける。

害獣駆除・トラブルに関する情報まとめサイト

害獣とは

皆さん、“害獣”という言葉をお聞きになったことはありますでしょうか? 言葉だけ聞いたことはあるけれど、実際にそれがどういう動物なのか分からないという方も大勢いらっしゃるかと思います。害獣とは日常生活をお過ごしの皆さんに対して、日常生活に深刻な被害を与える動物のことを指し、種類としては哺乳類にあたります。被害を無くすために、害獣駆除を施す必要があるのです。中には、「大した被害は受けてないから」と害獣駆除をせずに、ほったらかしにする方もいるかもしれませんが、害獣を甘く見ないようにしましょう。今は大した被害を受けていなくても、後々、大きな被害を受けてしまう可能性が高くなってしまうのです。そうなると、その時点で害獣駆除を施しても、元の状態になるまでには結構な時間が掛かってしまうことでしょう。そうならないために、少しでも害獣による被害を受けましたら、早いうちに害獣駆除を施す必要があるのです。害獣駆除の方法は様々ありますが、害虫とは別に、気をつけなければいけないことがあります。先に述べましたように、害獣は哺乳類に属します。中には害獣駆除ができる動物と、害獣駆除をしてはいけない動物に分かれているのです。

様々な被害

害獣による被害は、状況によって小さなケースと大きなケースに分かれています。その被害をこれ以上増やさないようにするために、害獣駆除は必要になっているのです。では、害獣による被害とはどんなケースがあるのか、少しご説明させていただきます。まず、畑についてです。閑静な村には畑が耕されていますが、近くに山があると、山の中からイノシシやクマがやってきて、畑を荒らしてしまうのです。畑と言うのは、ちょっとでも荒らされたりすると、作物が充分に育たなくなってしまいますので、出荷に遅れが出てしまうなど、悪影響が出てしまいます。それを避けるために害獣駆除の対策を施します。また、イノシシやクマは人にも怪我を負わせる危険性があります。実際に被害を受けて亡くなってしまったこともあるのです。ニュースなどで、害獣駆除としてイノシシやクマを業者が捕獲する映像を見たことはあるのではないでしょうか。被害状況は様々なので、害獣駆除の方法も様々あります。気をつけて害獣駆除をやる必要があるので、害獣駆除を業者にお願いするケースは後を絶たないのです。是非害獣駆除を忘れないようにしましょう。

ハクビシンについて

ハクビシンとは、ジャコウネコ科の哺乳類で、「ハクビシン」という名前は、鼻から額まである白い線が由来となっています。眼は丸く、外見はとても可愛らしいので、ペットとして飼われている方もいらっしゃるのですが、果樹園や畑にある食物を食い荒らしたりします。また、住宅の屋根裏に棲み付かれると、足音を立てられたり、糞尿をされたりします。夜中眠れなかったり、糞尿の臭いで悩まされるので、害獣駆除をしようとしたり、害獣駆除を専門とした業者に害獣駆除をお願いしようとする方もいらっしゃると思いますが、ハクビシンは害獣駆除の対象となっていないので注意が必要です。もし、害獣駆除をしてしまうと条例違反により、罰金を受けてしまうので注意が必要なのです。なので、害獣駆除をせずハクビシンの被害を防くためにはどうすれば良いのか、専門業者にご相談した方がいいでしょう。